Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国が発信元と見られるTCP9415ポートへのアクセスが急増 - 警察庁が注意喚起

警察庁は、公開プロキシサーバを探す目的と見られるTCP9415ポートへのアクセスが増加しているとして注意を呼びかけている。

同庁によれば、2009年11月ごろに増加傾向が現れ、2010年2月末に急増、以降も高い水準で推移しているという。

アクセス元は、中国国内のIPで、スキャンニング用のツールを利用したアクセスと見られ、6000ポートより発信されている。アクセスへ応答した場合、さらに外部サイトへの接続要求が行われたという。

同庁ではこうした現状をふまえ、パソコンが公開プロキシサーバとして動作している場合、DoS攻撃や踏み台に悪用される可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出