Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DeepGuard 3」を搭載した「F-Secure Internet Security 2011」のベータ版

F-Secureは、同社セキュリティ対策ソフトの最新ベータ版「F-Secure Internet Security 2011 Beta」を公開した。同社ウェブサイトより入手できる。

同製品は、コンシューマ向けセキュリティ対策製品のベータ版。最新版では、同社クラウドサービスのレピュテーション情報を利用するマルウェア対策技術「DeepGuard 3」を搭載している。

さらにインタフェースの改良により機能へアクセスするためのユーザビリティを向上させたほか、「Windows Vista」や「同7」では再起動なくインストールできる。

ベータテストの参加者は、6カ月間無料で利用することができ、アップデートが提供される。また利用した感想などフィードバックを受け付ける。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加
「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供
MS、脆弱性攻撃を緩和する無償ツールの最新版「EMET 5.5」
「EMET 5.5 Beta」が公開 - 日本語ユーザーガイドも
ウィンマジック、「Dropbox」で保存する前に暗号化するソフト
「IE 8」のゼロデイ攻撃も防いだ「EMET」新版まもなく公開へ - サポート対象となり導入検討企業が増加中
エフセキュア、仮想環境向けセキュリティ製品のベータ版をバージョンアップ
ESET、Macに感染するルートキットの検出ツールを公開