Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check Point、Liquid Machinesの買収で暗号化やアクセス制御分野を強化

イスラエルのCheck Point Software Technologiesは、機密データ保護分野の製品を開発するLiquid Machinesを買収すると発表した。すでに認可は完了しており、近日中に正式な買収契約が締結される予定。

米Liquid Machinesは、アクセス権限の制御や暗号化をはじめ、情報の不正使用や改ざん、流出、窃取などを防止するデータ保護関連技術を開発する企業。チェック・ポイントでは今回の買収を通じてセキュリティ製品群のポートフォリオを強化するのが狙いで、安全なデータ共有などの実現を目指すという。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに