Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Apple、複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.6.4」を公開

米Appleは、複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.6.4」を公開した。

今回のアップデートでは、リモートでコードが実行されたり、認証が回避されて特権を奪われるといったネットワーク認証における複数の脆弱性へ対処した。

またデスクトップサービスにおいてパーミッション設における不具合や複数の「Flash Player」の脆弱性を解消したほか、「Folder Manager」「iChat」「CUPS」など対応した脆弱性は28件に上っている。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファロー製のネットワークカメラに6件の脆弱性 - アップデートがリリース
攻撃者視点で自動車の脆弱性を検査 - ネットエージェント
ベリサーブ、「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」を提供
ウェブレッジ、IoTシステムに特化した脆弱性診断サービス
アズジェント、イスラエル製のIoT機器向け組込セキュリティソフトを取扱開始
日本年金機構が提供する複数プログラムのインストーラに脆弱性
アイ・オー製ネットワークカメラ2機種に複数の脆弱性
ソニーの業務用ネットワークカメラに脆弱性 - システム権限奪取されるおそれ
「kintone mobile for Android」に脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「シンプル携帯チャット」にXSSの脆弱性 - 開発中止のため利用停止を