Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Apple、複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.6.4」を公開

米Appleは、複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.6.4」を公開した。

今回のアップデートでは、リモートでコードが実行されたり、認証が回避されて特権を奪われるといったネットワーク認証における複数の脆弱性へ対処した。

またデスクトップサービスにおいてパーミッション設における不具合や複数の「Flash Player」の脆弱性を解消したほか、「Folder Manager」「iChat」「CUPS」など対応した脆弱性は28件に上っている。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
「gSOAP」に脆弱性、2GB超の細工されたデータの処理で影響
CSSカスタマイズ用WordPressプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
ブラウザ向け拡張機能「Yahoo!ツールバー」、10月31日にサポート終了へ
「Apache HTTP Web Server」のアップデートがリリース - 「同2.2系」は未修正だった4件も対処
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に