Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Apple、複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.6.4」を公開

米Appleは、複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.6.4」を公開した。

今回のアップデートでは、リモートでコードが実行されたり、認証が回避されて特権を奪われるといったネットワーク認証における複数の脆弱性へ対処した。

またデスクトップサービスにおいてパーミッション設における不具合や複数の「Flash Player」の脆弱性を解消したほか、「Folder Manager」「iChat」「CUPS」など対応した脆弱性は28件に上っている。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも
延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS
OpenSSLにセキュリティアップデート - 重要度「高」の脆弱性を修正
Adobeのマーケティングツールに2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Brooklyn」に2件の脆弱性 - 修正版が公開
Apple、脆弱性を解消した「GarageBand 10.1.6」をリリース
Norton導入時に利用するダウンロードマネージャーに脆弱性
Adobe、電子書籍ビューワのアップデートを公開 - 脆弱性9件を修正