Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリやメモリカードを一律料金で復旧するサービス

データ復旧は、USBメモリやメモリカードなどフラッシュメモリの復旧サービスを、料金一律で提供すると発表した。

誤って削除したり、故障でデータが読み取れないフラッシュメモリの復旧を行うサービスで、データ量や障害の程度に関係なく、1台につき4万2000円で対応する。同社への持ち込みのほか、遠方地からの依頼についても宅配便で対応する。

(Security NEXT - 2010/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス