Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

復号通知機能を追加したメール暗号化製品の最新版 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、ゲートウェイ型メール暗号化製品の最新版「Voltage SecureMail Gateway V4.0」を、6月16日より販売開始する。

同製品は、米Voltage Securityが開発したゲートウェイ型メール暗号化製品。メールアドレスを公開鍵として使用する暗号方式「IBE」を採用しており、添付ファイルを含むメール全体の暗号化や電子署名などが行える。

今回の最新版では、ブラウザから暗号化メールの閲覧を可能にする機能「Zero Download Messenger」に、暗号化メールの受信者が送信者に対しメールの復号を通知する「復号通知機能」を追加した。

このほか、メールアドレスの確認機能、SSLサーバ証明書の期限が切れる前に通知する機能などを搭載したほか、クラスター機能の改良により、設定ファイルや認証情報がサーバ間で複製できるようになった。価格は、100ユーザーで94万5000円から。

(Security NEXT - 2010/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品