Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

給与額なども記載された母子自立支援員の個人情報を市町へ送付 - 大阪府

大阪府は、同府職員が母子自立支援員34人分の個人情報含む資料を、府内市町の職員へ送付するミスが発生したことを明らかにした。個人情報の扱いに対し、理解が不足していたと説明している。

誤って送付したのは、厚生労働省から依頼があった「母子寡婦福祉関係業務調査」の調査結果。同資料には、母子家庭の支援などを行う母子自立支援員34人の氏名、年齢、経験月数、着任年月、給与月額といた個人情報が含まれていた。

6月3日、同府担当者が同資料を30市町の職員に送付した際、個人情報を削除せず送付。9日に資料を受け取った一部市から指摘があり問題が判明した。担当者は、送付先が地方公共団体の職員であることから個人情報を記載したままでも問題ないと判断したという。

府では関係市町に謝罪し、資料の廃棄を依頼。また対象となる支援員に文書で謝罪した。今後は職員への研修を実施するなどして、個人情報の適切な取り扱いを指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明