Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

給与額なども記載された母子自立支援員の個人情報を市町へ送付 - 大阪府

大阪府は、同府職員が母子自立支援員34人分の個人情報含む資料を、府内市町の職員へ送付するミスが発生したことを明らかにした。個人情報の扱いに対し、理解が不足していたと説明している。

誤って送付したのは、厚生労働省から依頼があった「母子寡婦福祉関係業務調査」の調査結果。同資料には、母子家庭の支援などを行う母子自立支援員34人の氏名、年齢、経験月数、着任年月、給与月額といた個人情報が含まれていた。

6月3日、同府担当者が同資料を30市町の職員に送付した際、個人情報を削除せず送付。9日に資料を受け取った一部市から指摘があり問題が判明した。担当者は、送付先が地方公共団体の職員であることから個人情報を記載したままでも問題ないと判断したという。

府では関係市町に謝罪し、資料の廃棄を依頼。また対象となる支援員に文書で謝罪した。今後は職員への研修を実施するなどして、個人情報の適切な取り扱いを指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
報酬支払時に提出受けた書類を紛失、マイナンバーを記載 - 千葉県
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院