Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FIFA公認、W杯無料視聴」とだます日本語スパムが発生

FIFAからのメールを装い、ワールドカップの試合が視聴できるなどと騙してワンクリック詐欺サイトへ誘導する日本語のスパムが出回っている。

メールを確認したSymantecによれば、問題のスパムは「FIFAよりお知らせ」などと日本語の件名で送信されており、本文には、「FIFAとドイツの動画サイトのコラボレーションで実現した唯一の公認動画サイト」などと説明。無料でライブやオンデマンドで試合が視聴できるとしてサイトへ誘導する手口だった。

誘導先のサイトは、アダルトコンテンツを配信しているかのように見せかける典型的なワンクリック詐欺サイト。ワールドカップに関する情報はまったく提供されていない。

サイトの説明では、動画の閲覧に必要などと説明するものの、Symantecが確認したところ実際は「htaファイル」によるトロイの木馬で、PC上にマルウェアがインストールされると有料アダルトサイトへ登録したとして、支払い期限までのカウントダウンとともに5万円を請求する画面を表示され、手動で取り除く必要があるという。

(Security NEXT - 2010/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
アダルト請求解決装う業者に注意 - 検索結果から誘導
熊本地震の便乗メールに注意 - ワンクリック詐欺など発生
「シャッター音」「勝手に電話発信」で脅すスマホアプリ
スマホのブラウザを人質にする新手ワンクリック詐欺サイトに注意
BBソフト、PCとスマホ3台まで利用できる「Internet SagiWall for マルチデバイス」を発売
1カ月で約1000件のワンクリック詐欺アプリが「Google Play」に
詐欺対策機能を備えたブラウザをiPhone向けに無料で公開 - リアルタイム解析で検知
ワンクリック詐欺で110万人がウイルス感染 - 次のターゲットはスマホ
BBソフトサービス、「Internet SagiWall for Android 1年版」を発売