Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfee、仮想化環境向けにOSSのセキュリティプラットフォームを開発

米McAfeeは、仮想化環境のセキュリティ管理を最適化するソリューションを提供すると発表した。

仮想化環境におけるセキュリティ対策用のプラットフォームやアプリケーションのプログラミングインターフェイスを提供するもの。

開発を進めている「McAfee Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」により、各社が独自で開発しているHypervisorの開発方式を共通化を目指し、仮想化マシン外におけるセキュリティポリシーのチェックなど集約化を実現する。

同社では、パートナーにオープンソースを提供することでプラットフォームの拡大を図る計画で、「MOVE」を活用できる企業向け製品として「A/V Offloading」を発売する。

(Security NEXT - 2010/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品
日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション
クラウド動作のアプリ画面を転送するサービス - NTTコム
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
フォーティネット、VMware NSX向け仮想アプライアンスをリリース
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
カスペとアクロニス、仮想化環境向けセキュリティとバックアップのパッケージ