Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「secure module」の導入迫る「Twitterを装ったスパムに注意 - リンク先で偽セキュリティ対策ソフトに感染

「Twitter」からのメールを装い、偽セキュリティ対策ソフトをインストールさせようとするスパムメールが出回っている。メールのメッセージも複数のパターンが確認されている。

攻撃を観測したCAの研究機関によれば、問題のスパムメールはHTMLメールで、「Twitter」のロゴが配置するなど公式サイトのデザインを踏襲しており、「Twitter Team」の署名があったという。

ソーシャルエンジニアリングの手法を活用しており、ユーザーの注意を引いて文面上のURLをクリックさせる攻撃で、見た目には「Twitter」のURLが記載されているが、実際にはマルウェアへリンクされているなど、HTMLメールの性質を悪用した古典的な手口だった。

ユーザーを騙すためのメッセージは、従来のスパム同様多岐にわたっている。Twitterアカウントが何者かによって盗まれそうになったと説明し、アカウントを守る「secure module」なるソフトのインストールを求めるメールでは、リンク先が「Google Group」で、偽セキュリティ対策ソフト「Win32/FakeAV」に感染するおそれがあった。

(Security NEXT - 2010/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
Windowsの「タスクスケジューラ」にあらたな脆弱性 - 修正方法は不明
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める