Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BitDefender Total Security 2011」のベータテストがスタート

BitDefenderは、同社セキュリティ対策ソフトの最新版「BitDefender Total Security 2011」ベータテストのベータテストを開始した。

最新版では、検索アドバイザー機能を搭載しており、検索結果についてオンラインのデータベースを用いてURLをチェックすることが可能。

また共有設定時に発生するファイアウォールの設定トラブルを解消する機能や、頻繁に利用する操作のショートカットを設定できるなどダッシュボードのカスタマイズに対応。アプリケーションの最適化やインストール時に再起動の必要がないことも特徴だという。

一般ユーザーも同社ウェブサイトの「BitDefender Beta Center」より登録し、参加することができる。

(Security NEXT - 2010/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加
「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供
MS、脆弱性攻撃を緩和する無償ツールの最新版「EMET 5.5」
「EMET 5.5 Beta」が公開 - 日本語ユーザーガイドも