Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国でiPad所有者のメールアドレス11万4000件が流出のおそれ

複数の米国メディアは、4月に発売されたAppleの新端末「iPad」所有者のメールアドレス約11万4000が外部へ流出したことを報じている。

報道によれば、Goatse Securityと呼ばれるハッカーグループが米国内のiPad所有者のICCIDを特定。3Gサービスを提供する米AT&Tのサーバに対してiPadになりすましてアクセスし、メールアドレスを取得したという。

すでにサーバの脆弱性は解消されているものの、著名企業の役員やメディア関係者、軍をはじめとする政府関係者など11万4000件のメールアドレスが流出したと見られている。

(Security NEXT - 2010/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県