Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリンパスのコンパクトデジカメにウイルスが混入

オリンパスは、コンパクトデジタルカメラ「μTOUGH‐6010」の内蔵メモリにウイルスが混入したと発表した。同社はユーザーへ対応を呼びかけている。

製造時にウイルス「WORM_AUTORUN.KFJ」が混入したもの。カメラとして利用する際は影響はないが、PCへ接続するとオートラン機能によりPCなどへウイルス感染が拡大するおそれがある。

同製品は2009年7月より販売しており、対象となるロットは1709台に上るという。同社ではシリアルナンバーから対象商品であるか確認できる検索ページや駆除ツールを用意している。

対象製品だった場合は、カメラの内蔵メモリの初期化やセキュリティ対策ソフトにより自身で駆除するか、同社へ送付することによりウイルスを駆除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
学校が提出した個人情報含む書類を紛失 - 横浜市
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌
PHP起因の「Joomla!」脆弱性で改ざん被害 - JPCERT/CCが注意喚起
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀