Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上位7種がトロイの木馬、脆弱性を狙った攻撃も目立つ - G Dataまとめ

G Data Softwareは、同社製品が5月に検出したマルウェアの状況について取りまとめ、ランキングを発表した。PDFやJREの脆弱性を狙ったマルウェアがトップ10に入るなど、脆弱性への攻撃が依然として広がっているという。

同社研究機関によれば、5月のマルウェア総報告数は93万6420件で、4月から11.3ポイント増加した。ランキング1位は前月と変わらず、PDFの脆弱性を攻撃する「JS:Pdfka-OE」だったが、全体に占める割合は前月の11.4%から3.63%に後退した。

また2位には、音楽ファイルや動画ファイルと偽って感染を試みる「WMA:Wimad」が、3位にはリムーバブルメディア経由で感染する「Worm.Autorun.VHG」が入った。

また8位にはJREの脆弱性を攻撃する「Java:Djewers-N」が新規ランクインしており、脆弱性を狙ったウイルスの活動が目立っている。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市