Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃に対応する「セキュリティ可視化ソリューション」 - NEC

NECは、標的型攻撃の脅威を可視化することで、被害の防止や対策を支援する「セキュリティ可視化ソリューション」を8月より出荷する。

同ソリューションは、企業内ネットワーク内のデータの流れを「監視」「管理」「記録」することで標的型攻撃の脅威を可視化し、被害の防止や被害が発生した際の原因分析などを支援するもの。3製品から構成されており、これらを組み合わせて利用する。

フォティーンフォティ技術研究所が開発した「Yarai+」によりプログラムの挙動を監視して不審な挙動をするプログラムをウイルスとして検出。企業内に設置されたセキュリティ情報管理システムとの連携機能により、検出したウイルス情報も他機器のログなどとともに管理できる。

このほか、機密レベルの低いネットワークからレベルの高いネットワークへのデータ転送のみを許可することで安全性を保つ「アクセス包囲網」、および企業内ネットワークから外部に流れる通信データを監視、記録し、問題発生時に原因分析などを行う「PHCS」を提供する。最小構成時の価格は1270万5000円。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ