Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームサービス「PlayOnline」の顧客情報が外部流出

スクウェア・エニックスは、同社が提供するオンラインゲームサービス「PlayOnline」の顧客情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同社発表によれば、同社内の端末が攻撃を受けたもので、同社サービスで利用する「プレイオンラインID」やパスワードをはじめ、登録情報が外部へ流出したおそれがあるという。具体的な流出規模は言及していないが、カード情報の流出について否定している。

流出判明後に対象となる顧客のパスワードを変更するなど対策を実施するなど対策を実施しており、被害の拡大はないと説明している。同社ではパスワードを変更した顧客に対しては登録住所へ新しいパスワードを郵送する。また同IDを「スクウェア・エニックス アカウント」へリンクしていれば、同サービスにおいて不正アクセスを受けないとしている。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出