Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームサービス「PlayOnline」の顧客情報が外部流出

スクウェア・エニックスは、同社が提供するオンラインゲームサービス「PlayOnline」の顧客情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同社発表によれば、同社内の端末が攻撃を受けたもので、同社サービスで利用する「プレイオンラインID」やパスワードをはじめ、登録情報が外部へ流出したおそれがあるという。具体的な流出規模は言及していないが、カード情報の流出について否定している。

流出判明後に対象となる顧客のパスワードを変更するなど対策を実施するなど対策を実施しており、被害の拡大はないと説明している。同社ではパスワードを変更した顧客に対しては登録住所へ新しいパスワードを郵送する。また同IDを「スクウェア・エニックス アカウント」へリンクしていれば、同サービスにおいて不正アクセスを受けないとしている。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、フィッシング攻撃も - クラウドゲームス
「Mobage」で最大10万件超の不正ログイン - パスワードリスト攻撃か
非公開のゲーマー情報やメアドなどが漏洩 - e-sports SQUARE
マンガ作家の個人情報含むPCとスマホを紛失 - NHN PlayArt
アプリ案内メールを誤送信、メルアドが流出 - ゲームヴィル
カードゲーム大会の参加者情報含むUSBメモリが所在不明 - タカラトミー
「サンプル百貨店」の会員情報46万件が流出 - 派遣社員が名簿業者11社に売却