Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大1024コア、スループット40Gbpsに対応するプラットフォームを開発 - ソニックウォール

ソニックウォールは、アプリケーションによるアクセスの制御や外部からの侵入の防止、マルウェア対策などを実現する「Project SuperMassive」を発表した。

同ソリューションは、ネットワーク上のトラフィックを監視し、アプリケーション層における検出やコントロール、外部からの侵入防止、マルウェア対策機能を提供するソリューション。2700以上のアプリケーションに対応しており、ユーザーやグループ、コンテンツ単位の制御が可能。

同社が提供するマルチブレード上においてマルチコアで稼動し、最大1024コアまで拡張できる。パケット解析を行う「RF-DPI(Reassembly-Free Deep Packet Inspection)」エンジンを搭載しており最大40Gbpsの処理が可能だという。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償