Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」に日本語版 - 高機能の有償版も

PS-Japanは、コンシューマー向けクラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」の最新版を提供開始した。日本語に対応したほか、上位版の有償版も用意している。

同ソリューションは、PC端末ではなくクラウド環境でマルウェアのサンプル収集や検知を行うソフトウェア。今回公開された最新版では日本語をはじめ、20カ国語に対応した。

また新種マルウェアや標的型攻撃へ対応する「振る舞いブロッカー」を搭載。振る舞い検知などをユーザーごとの希望にあわせてカスタマイズすることができる。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション