Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」に日本語版 - 高機能の有償版も

PS-Japanは、コンシューマー向けクラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」の最新版を提供開始した。日本語に対応したほか、上位版の有償版も用意している。

同ソリューションは、PC端末ではなくクラウド環境でマルウェアのサンプル収集や検知を行うソフトウェア。今回公開された最新版では日本語をはじめ、20カ国語に対応した。

また新種マルウェアや標的型攻撃へ対応する「振る舞いブロッカー」を搭載。振る舞い検知などをユーザーごとの希望にあわせてカスタマイズすることができる。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験