Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyのコンシューマー製品で定義ファイルを更新できない不具合

コンシューマー向けのKaspersky製品において、定義ファイルが更新できない障害が一時発生した。すでに問題は解消しているという。

同社製品を販売するジャストシステムによれば、6月3日4時ごろから同日17時45分にかけて一部サーバにおいてアップデート処理が正常に終了しない不具合が発生。「定義データベースの更新がされていません」と表示され、最新の定義ファイルを取得できない状態になったという。

影響を受けたのは、「Kaspersky Internet Security 2010」「同2009」「Kaspersky Anti-Virus 2010」「同2009」および「Kaspersky Anti-Virus for Mac」。すでに不具合は解消している。

ジャストシステムでは、利用者へ定義ファイルのアップデートを実施するよう呼びかけており、引き続きアラートが表示される場合は、ロールバックを実施してからアップデートを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策