Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月はウイルス検出数が前月から1万件増加し約5万件に - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、5月に同機構が対応したウイルスおよび不正アクセスの届出状況を取りまとめた。ウイルス検知数が増加しており、なかでも偽セキュリティ対策ソフト「FAKEAV」の増加が目立ったという。

レポートによれば、5月のウイルス検出数は約5万件で、4月の約4万件から26.8ポイント上昇した。一方、同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合も1件とカウントする届出件数は1084件で、4月の1077件とほぼ同水準だった。

検出数の1位は変わらず「Netsky」だったが、2位には前月の1件から6994件へ急増した「Koobface」が入った。3位は「Mydoom」、4位は「Autorun」と続く。また、偽セキュリティ対策ソフト「FAKEAV」の一時的な急増が、5月に入って複数回確認されている。

不正アクセスの届出件数は8件で、4月の11件から減少した。被害が発生した5件の内訳を見ると、侵入3件、なりすまし1件、その他1件となった。不正アクセスに関する相談件数は52件で、そのうち22件で何らかの被害が発生している。

(Security NEXT - 2010/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも
6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず
5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト
「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引
2015年1Qの不正アクセス件数は34件、「なりすまし」が増加
不正サイトが前月比4割増 - 新年度に便乗する詐欺も
大雪対策需要を狙う詐欺サイトに注意 - 今度は「スノータイヤ」