Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類を入れ違えて郵送、顧客情報を流出 - UR都市機構

UR都市機構は、顧客情報記載の書類2件を職員が入れ違えてそのまま郵送するミスがあったことを公表した。

誤送付されたのは「敷金及び家賃等精算書」で、顧客の氏名、旧住所、家賃額、敷金額、修理負担額、返還額などが記載されていた。5月21日、住宅管理センターの職員が2人分の書類を送付する際、取り違えて封入しそのまま郵送したという。

24日に書類を受け取った顧客から連絡があり、問題が判明した。同機構では対象となる2人を直接訪問して説明と謝罪を行い、書類の回収を行ったている。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA