Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類を入れ違えて郵送、顧客情報を流出 - UR都市機構

UR都市機構は、顧客情報記載の書類2件を職員が入れ違えてそのまま郵送するミスがあったことを公表した。

誤送付されたのは「敷金及び家賃等精算書」で、顧客の氏名、旧住所、家賃額、敷金額、修理負担額、返還額などが記載されていた。5月21日、住宅管理センターの職員が2人分の書類を送付する際、取り違えて封入しそのまま郵送したという。

24日に書類を受け取った顧客から連絡があり、問題が判明した。同機構では対象となる2人を直接訪問して説明と謝罪を行い、書類の回収を行ったている。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大