Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類を入れ違えて郵送、顧客情報を流出 - UR都市機構

UR都市機構は、顧客情報記載の書類2件を職員が入れ違えてそのまま郵送するミスがあったことを公表した。

誤送付されたのは「敷金及び家賃等精算書」で、顧客の氏名、旧住所、家賃額、敷金額、修理負担額、返還額などが記載されていた。5月21日、住宅管理センターの職員が2人分の書類を送付する際、取り違えて封入しそのまま郵送したという。

24日に書類を受け取った顧客から連絡があり、問題が判明した。同機構では対象となる2人を直接訪問して説明と謝罪を行い、書類の回収を行ったている。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市