Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「社内PCのマルウェア感染調査」メールに注意 - 添付ファイルこそマルウェア

JPCERTコーディネーションセンターは、マルウェアが添付された日本語のメールが出回っているとして注意喚起を行った。

同センターによれば問題のメールは、「『緊急』社員全員の参加でVIRUS・悪性スクリプト用ファイルの調査」といった件名で送信されており、あたかも社内調査であるかのように装い、添付ファイルを開くよう指示するという。

ファイルを開くとWordのアイコンを偽装したスクリーンセーバファイルが展開。誤って実行するとマルウェアに感染する。また感染に気が付かせないようにするため、同時に「VIRUS/悪性スクリプトの調査」というドキュメントが開くよう設定されていた。

こうした攻撃に関する報告は、同センターへ複数寄せられており、日本語の場合は添付ファイルを開く可能性が高くなるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起