Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎の文字属性処理に脆弱性 - リモートでコード実行のおそれ

ジャストシステムは、文書作成ソフト「一太郎」に脆弱性が見つかったとして、アップデートモジュールの提供を開始した。

同社によれば、今回見つかった脆弱性は、文字属性の処理に含まれており、4月21日に確認したという。細工が施された文書を開くと任意のコードが実行され、不正プログラムがローカルディスク上に保存され、データの改ざんや消去、不正プログラムのインストールなど第三者によって操作されるおそれがある。

同脆弱性の影響を受けるのは、「一太郎2009」「同2008」「同2007」「同2006」「同2005」「同2004」など。官公庁向けや教育機関向けの製品も含まれる。最新版の「同2010」については、脆弱性の影響を受けない。

同社では、脆弱性を解消するアップデートモジュールを公開。「同2005」および「同2004」については準備中で、6月下旬に提供予定としている。また、メールの添付ファイルやウェブサイト上のファイルなど、出所が不明のものは開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」