Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンガでネットのしくみを学べる小冊子を中高校へ配布 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、情報通信月間にあわせ、教育支援活動の一環として全国の中高校を対象にインターネットのしくみを学べる教材の配布を実施する。

配布する教材は、インターネットのしくみを学ぶことができるマンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険」。ウェブサイトへ接続する際のしくみやドメインに関する説明をわかりやくすく解説した。

教材の配布申し込みは、専用ページにて5月25日から6月30日まで申し込みを受け付ける。

(Security NEXT - 2010/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り