Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンガでネットのしくみを学べる小冊子を中高校へ配布 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、情報通信月間にあわせ、教育支援活動の一環として全国の中高校を対象にインターネットのしくみを学べる教材の配布を実施する。

配布する教材は、インターネットのしくみを学ぶことができるマンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険」。ウェブサイトへ接続する際のしくみやドメインに関する説明をわかりやくすく解説した。

教材の配布申し込みは、専用ページにて5月25日から6月30日まで申し込みを受け付ける。

(Security NEXT - 2010/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
音楽グループの宿泊先を漏洩、従業員を解雇 - イベント企画会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ