Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人権相談の内容など個人情報含むHDDを職員が紛失 - 広島法務局

広島法務局は、個人情報を含む事務関連文書が保存された外付けハードディスクが所在不明になっていることを明らかにした。

所在不明になっているのは、同局の人権擁護部職員が使用しているハードディスク。広島県内の4人の人権相談者の相談内容をはじめ、関係者97人の個人情報が保存されていた。

紛失判明後、捜索を続けているが見つかっていない。ハードディスク内の情報の外部漏洩や不正使用などの報告は確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
市施設利用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 古河市
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
患者リストを自転車カゴに置き忘れ紛失 - 大阪市立大病院
高校で生徒情報含む資料紛失、郵送され判明 - 神戸市
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市