Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信データの検査や保存が可能なファイル転送システム

キヤノンITソリューションズと日本システムディベロップメントは、両社製品を組み合わせたファイル転送システムを5月25日より開する。

今回提供するのは、キヤノンITSのウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」とNSDのファイル転送システム「eTransporter」を組み合わせたソリューション。ファイルの検査、アーカイブした上で外部へ送信できる。

大容量のファイル転送にも対応しており、自動暗号化が可能。チェック時のレポートや送信時の監査ログを取得することもできる。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC