Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信データの検査や保存が可能なファイル転送システム

キヤノンITソリューションズと日本システムディベロップメントは、両社製品を組み合わせたファイル転送システムを5月25日より開する。

今回提供するのは、キヤノンITSのウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」とNSDのファイル転送システム「eTransporter」を組み合わせたソリューション。ファイルの検査、アーカイブした上で外部へ送信できる。

大容量のファイル転送にも対応しており、自動暗号化が可能。チェック時のレポートや送信時の監査ログを取得することもできる。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム