Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信データの検査や保存が可能なファイル転送システム

キヤノンITソリューションズと日本システムディベロップメントは、両社製品を組み合わせたファイル転送システムを5月25日より開する。

今回提供するのは、キヤノンITSのウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」とNSDのファイル転送システム「eTransporter」を組み合わせたソリューション。ファイルの検査、アーカイブした上で外部へ送信できる。

大容量のファイル転送にも対応しており、自動暗号化が可能。チェック時のレポートや送信時の監査ログを取得することもできる。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応