Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウド対応したエンドポイント最新版 - 悪意あるJavaScriptの検出も強化

ソフォスは、クラウド技術を活用したエンドポイント向けセキュリティ対策製品の最新版「Sophos Endpoint Security and Data Protection 9.5」を6月14日より提供開始する。

同製品は、ウイルスやスパイウェア対策、検疫ネットワーク、ファイアウォール、リムーバブルディスクやソフトウェアの制限、暗号化機能などを備えたエンドポイント向けのセキュリティスイート。暗号化機能などを備えていない廉価版「Sophos Endpoint Security and Control 9.5」も用意している。

最新版では、リアルタイムに同社ラボのデータベースを参照し、マルウェア配布サイトのURLを判別してアクセスを遮断する「Live Web Protection」を搭載。「Internet Explorer」や「Firefox」をはじめ、「Chrome」「Safari」「Opera」など主要ブラウザに対応する。

また「Live Malware Protection」により、不審ファイルを検知した際、インターネット経由でチェックを行うことが可能。あらたに発見した脅威をデータベースへ反映、データを共有することでより迅速な対応を目指した。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス