Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google検索が暗号化に対応、右上に鍵マーク - 検索語や検索結果の傍受から保護

Googleは、同社が提供する検索エンジンサービスをSSL通信に対応させた。暗号化ページには、「https://www.google.com」からアクセスでき、同社ロゴの右上に鍵マークが表示される。

SSL接続に対応したことから、端末と同社サーバ間の通信を暗号化により保護し、検索語やサーチ検索結果を第三者から傍受されることを防止する。同社では、より安全でプライバシーを保護した検索経験を提供するとしている。

地図や画像検索には対応しておらず、国内向けに提供されている「google.co.jp」についても現時点では未対応となっている。

100524go.jpg
ロゴ右上に鍵マークが表示される

(Security NEXT - 2010/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース