Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールで届く不審な「Office 2010ベータ版」に注意 - 誤って開くとウイルス多重感染のおそれ

「Office 2010」のベータ版を装ったトロイの木馬「Trojan.Downloader.Delf.RUJ」が見つかったとして、BitDefenderでは注意を呼びかけている。

同社によれば、「Office 2010」のベータ版が使用できるなどとして、メールの添付ファイルとして送信されているという。問題のファイルはzip形式で、内部に数字が羅列されたファイルがあり、「プロダクト・キー」であるなどと言葉たくみにだます。

実際はトロイの木馬で、誤ってファイルを開いた場合、アドウェアやスパイウェアなどに感染し、バックドアが開かれるほか、個人情報を盗まれるおそれもある。

さらに起動ごとにコピーを作成するなどコンピュータ内部で増殖。レジストリキーを操作するほか、インターネットへ接続してマルウェアの多重感染が発生する。

BitDefenderでは、「Office 2010」のベータ版を試したい場合は、マイクロソフトの正規サイトよりダウンロードして利用し、不審な添付ファイルを誤って開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、定義ファイルを使用しないマルウェア対策ソフト - 「セカンドオピニオン」利用も可
フィッシングやマルウェアから狙われる大手動画サービス
農水省、内部文書124件が流出した可能性 - PC39台にトロイの木馬
Android「マスターキー脆弱性」が端末に存在するか確認できる無料アプリ - 悪用アプリも検知可能
ネットエージェント、遠隔操作ウイルスを調査報告する新サービス
エフセキュア、ネットバンキング保護や新FWを搭載した2013年版を発売
MSRTが月例更新、ブラウザから情報盗む「Win32/Claretore」など3種のマルウェアに対応
システムの最適化機能など搭載した「KINGSOFT Internet Security 2012」
マカフィー、プリペイド式のウイルス駆除サービスを発売
総務省のパソコン23台が新種ウイルスに感染 - 外部に情報送信