Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールで届く不審な「Office 2010ベータ版」に注意 - 誤って開くとウイルス多重感染のおそれ

「Office 2010」のベータ版を装ったトロイの木馬「Trojan.Downloader.Delf.RUJ」が見つかったとして、BitDefenderでは注意を呼びかけている。

同社によれば、「Office 2010」のベータ版が使用できるなどとして、メールの添付ファイルとして送信されているという。問題のファイルはzip形式で、内部に数字が羅列されたファイルがあり、「プロダクト・キー」であるなどと言葉たくみにだます。

実際はトロイの木馬で、誤ってファイルを開いた場合、アドウェアやスパイウェアなどに感染し、バックドアが開かれるほか、個人情報を盗まれるおそれもある。

さらに起動ごとにコピーを作成するなどコンピュータ内部で増殖。レジストリキーを操作するほか、インターネットへ接続してマルウェアの多重感染が発生する。

BitDefenderでは、「Office 2010」のベータ版を試したい場合は、マイクロソフトの正規サイトよりダウンロードして利用し、不審な添付ファイルを誤って開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
「Pokémon GO」人気狙う狡猾な不正アプリ - サンドボックス検知を回避