Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとCitrix、仮想デスクトップ向けセキュリティ対策で協業

McAfeeとCitrixが仮想デスクトップにおけるセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業を通じて、Citrix XenDesktopの利用者は、McAfeeの統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」によってセキュリティ管理が行えるようになるなど、ユーザビリティが向上するという。

さらに両社は、VDIベースの仮想デスクトップ向けセキュリティソリューションを共同で開発し、ウイルス検知や定義ファイルの更新を集中管理することで仮想マシンへの負担を軽減するとしており、2010年下半期に発表を予定している。

また「XenClient」や「XenServer」で利用可能なハイパーバイザーをネイティブ環境として動作する検出機能「Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」についても開発を進める。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
「Citrix XenServer」に複数脆弱性 - ホストが停止したり侵害されるおそれ
不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 - コインチェック
仮想通貨マイニングソフト狙うアクセスが増加 - アカウントリストを調査