Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとCitrix、仮想デスクトップ向けセキュリティ対策で協業

McAfeeとCitrixが仮想デスクトップにおけるセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業を通じて、Citrix XenDesktopの利用者は、McAfeeの統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」によってセキュリティ管理が行えるようになるなど、ユーザビリティが向上するという。

さらに両社は、VDIベースの仮想デスクトップ向けセキュリティソリューションを共同で開発し、ウイルス検知や定義ファイルの更新を集中管理することで仮想マシンへの負担を軽減するとしており、2010年下半期に発表を予定している。

また「XenClient」や「XenServer」で利用可能なハイパーバイザーをネイティブ環境として動作する検出機能「Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」についても開発を進める。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
「Elasticsearch」脆弱性狙う攻撃が増加傾向 - 仮想通貨発掘目当てか
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ