Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとCitrix、仮想デスクトップ向けセキュリティ対策で協業

McAfeeとCitrixが仮想デスクトップにおけるセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業を通じて、Citrix XenDesktopの利用者は、McAfeeの統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」によってセキュリティ管理が行えるようになるなど、ユーザビリティが向上するという。

さらに両社は、VDIベースの仮想デスクトップ向けセキュリティソリューションを共同で開発し、ウイルス検知や定義ファイルの更新を集中管理することで仮想マシンへの負担を軽減するとしており、2010年下半期に発表を予定している。

また「XenClient」や「XenServer」で利用可能なハイパーバイザーをネイティブ環境として動作する検出機能「Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」についても開発を進める。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
「VMware ESXi」など3製品に複数の深刻な脆弱性
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
サイト上での仮想通貨発掘プログラム設置に無罪判決
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起