Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年分の文書を紛失、顧客の特定できず - 三島信金

三島信用金庫は、片浜支店において、顧客情報含む3種類の書類、あわせて5年分が所在不明になっていることを明らかにした。紛失書類に含まれる顧客の件数などはわかっていない。

所在不明になっているのは、1995年4月から1997年3月までの通帳や届出印の紛失に関わる「喪失届」、をはじめ、1995年4月から1998年3月までの「キャッシュカード喪失届」や「事故届・変更届受付処理簿」などの内部書類。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、印影、預金残高などの個人情報が含まれる。

いずれも手続きが完了した書類で、含まれている顧客の件数は不明。個人の特定はできないという。書類が外部に持ち出された形跡はなく、関連する問い合わせもないとして、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元職員が顧客情報を漏洩、詐欺に悪用か - 百十四銀
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀