Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

精神課医師が利用するUSBメモリが所在不明 - 都立病院

東京都立松沢病院において、患者の個人情報を記録した業務用のUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。USBメモリにはパスワードが設定されているという。

同院精神科の医師が利用する個人情報を保存したUSBメモリが、5月1日に医局の共用パソコンで利用したのを最後に、所在不明がわからなくなっているもの。

同医師が5月4日にUSBメモリを保存していた机に入っていないことに気が付き、その後院内を探すものの発見できず、5月18日に庶務課へ紛失を報告した。さらに複数職員で探索を実施しているが発見できないという。

USBメモリには、同医師が担当する174人分の診療情報が保存されており、氏名や性別、生年月日のほか、病名や治療概要、投薬内容など含まれる。また薬剤の処方内容などを12人分の情報も記録されていた。二次被害の報告は受けていない。

またUSBメモリは、パスワードが設定されており、パスワードを一定回数以上誤って入力した場合データが利用できないよう設定されいると都では説明している。同院では、関連する患者に対して謝罪や説明などを実施する予定。

(Security NEXT - 2010/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
患者リストを自転車カゴに置き忘れ紛失 - 大阪市立大病院
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連