Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で商品モニターのアドレスを流出 - マルトモ

総合食品メーカーのマルトモは、商品モニターへ連絡する際のメールを誤送信したことにより、アドレスを流出したと発表した。

同社によれば、製品の評価を依頼しているモニターに連絡メールを一斉送信した際、ミスにより97人分の氏名とメールアドレスが表示された状態で送ったという。

同社では、対象となるモニターに対し説明と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2010/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース