Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Symantec、約1183億円で米Verisignのセキュリティ事業を買収

米Symantecは、米Verisignの個人認証や電子証明書事業を買収すると発表した。

今回の買収額は約12億8000万ドル(約1183億円)で、9月に同意を完了する予定。Symantecでは、今回の買収を通じて、ブランドの認知度向上や既存ソリューションとの連携によるビジネスの強化を図る。

Symantec社長兼CEOのEnrique Salem氏は、「プライバシーの確保と同時にデータの安全性を確保する課題に直面している」と指摘。「認証型セキュリティにより問題を解決することが可能で、既存技術との連携によりなりすましを防ぎつつ安全なアクセスを簡単に実現するソリューションを提供する準備が整った」とコメントしている。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
Savitech製USBオーディオ機器ドライバが勝手にルート証明書を追加
OpenSSLにセキュリティアップデート - 脆弱性2件を修正
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響