Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Symantec、約1183億円で米Verisignのセキュリティ事業を買収

米Symantecは、米Verisignの個人認証や電子証明書事業を買収すると発表した。

今回の買収額は約12億8000万ドル(約1183億円)で、9月に同意を完了する予定。Symantecでは、今回の買収を通じて、ブランドの認知度向上や既存ソリューションとの連携によるビジネスの強化を図る。

Symantec社長兼CEOのEnrique Salem氏は、「プライバシーの確保と同時にデータの安全性を確保する課題に直面している」と指摘。「認証型セキュリティにより問題を解決することが可能で、既存技術との連携によりなりすましを防ぎつつ安全なアクセスを簡単に実現するソリューションを提供する準備が整った」とコメントしている。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
北朝鮮「HIDDEN COBRA」関与のトロイの木馬「HOPLIGHT」 - 米政府がIoC公開
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも