Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、2010年第1四半期の脆弱性レポートを発表 - 「対策がない」脆弱性も

ラックは、2010年第1四半期に判明した脆弱性の動向について取りまとめた。同社がアドバイザリを提供した脆弱性について取りまとめたもので、脆弱性の件数は前四半期の131件を下回り109件だった。2009年第3四半期をピークに減少傾向が続いている。

5段階中もっとも危険と判断された「High」の脆弱性は22%で、次に高い「Medium High(35%)」とあわせると半数を超えた。さらに「Medium」がくわわると89%と大半を占める。94%は対策があり、4%にもなんらかの回避策があったが、2%には対策がなかった。

同社が悪用される危険が「特に高い」とした脆弱性は5件。1月や3月に判明した「Internet Explorer」の脆弱性や「Sun Java System Web Server」「Adobe Reader」「Apache」などで、いずれもウイルスや攻撃ツールなどが確認されており、早急な対策が必要な脆弱性だった。

29%にあたる32件がクライアントの脆弱性で、サーバやネットワーク機器関連の脆弱性が30件、OSの脆弱性が26件で続いている。また仮想化関連の脆弱性も5%報告されている。

(Security NEXT - 2010/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに