Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む受講者名簿を誤ってメーリングリストへ送信 - 杏林大学

杏林大学の教授が、受講者名簿を誤って関係ないメーリングリストに送信したことがわかった。

同大保健学部の教授が、5月11日に講義を分担する同僚教員からの依頼を受けて受講者名簿をメール送信した際、誤って在校生や卒業生441人が参加する同教授主催のメーリングリストに誤送信したもの。

誤送信された名簿には、講義の受講者48人の氏名、学年、学籍番号、出席状況のほか、1人に関する不正確な病名が含まれていた。

同大学では、再発防止のため、メーリングリストへのアクセスを制限した。対象となる学生に対して説明や謝罪を実施。同教授に対して懲戒処分を実施している。再発防止策については、21日に個人情報保護推進委員会を開催し、まとめるとしている。

(Security NEXT - 2010/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK