Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士火災や富士生命の顧客リストが外部流出 - 金銭要求の投書で判明

富士火災海上保険や富士生命保険の顧客情報が外部へ流出し、金銭を要求する投書が送りつけられていたことがわかった。

同社によれば、4月30日に匿名の投書が寄せられたもので、同社が調べたところ富士火災宮崎支店の従業員が顧客リストを紛失していることが判明したという。投書の内容は「顧客リスト」の対価として金銭を求める内容で、同社では警察へ被害を届けた。

問題のリストには、個人や法人など富士火災の顧客322件や、富士生命の顧客32件の個人情報が記載されており、氏名や住所、電話番号、契約内容などが含まれる。

同社では関連する顧客に対して事情の説明を行っており、不正使用などは確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン
融資関連など顧客情報3.7万件が流出、金銭要求する脅迫メールも - 優良住宅ローン
アークンへの不正アクセス - 管理者アカウントでログインか
上場直後のセキュリティ企業に不正侵入 - 金銭要求で発覚
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
業務情報含むPCを紛失、回収するもログインされた形跡 - サイボウズ
足利銀の不正ログインは「アカウントリスト型攻撃」 - 15件でログイン成功
外部から個人情報流出の指摘、流出経路を調査 - 総合メディカル
「The Movie」だけじゃない「個人情報窃取アプリ」は44件 - AKBやアダルト便乗、レシピアプリも
職員が個人情報含む被保険者名簿を受給者に流出、未だ返還されず - 日本年金機構