Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitter経由で遠隔操作するボットを簡単作成できる不正ツールが見つかる

Twitterを通じてボットネットへ接続できるマルウェアを簡単に作成できる不正ツール「TwitterNET Builder」が見つかった。

Kaspersky Labが発見したもので、同社エキスパートのDavid Jacoby氏によれば、同ツールはわずか2回のシンプルなマウス操作によりマルウェアを作成することが可能だという。作成されたマルウェアは、ボットネットへTwitterによって接続され、不正操作が行われる。

すでに2種類のバージョンが出回っており、初期バージョンではコマンドが固定式だったが、最新版ではボットネットのコントロールに利用しているアカウントを特定するのが難しいよう、独自にコマンドを作成できるなど進化していた。

現段階で作成される不正プログラムは、配布するしくみを持っておらず、手動で起動しなくてはならないものの、ドライブバイダウンロードやワームなど組み合わせて起動するといった攻撃が懸念されている。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
【特別企画】上半期登場の新手DDoS攻撃を名和氏が分析 - 状況認識のための可視化の重要性を解説
「vBulletin」に修正パッチ - 国内でも攻撃を多数観測、早急に対応を
不正アクセス受けスパムの踏み台に - ロボット開発ベンチャー
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開