Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitter経由で遠隔操作するボットを簡単作成できる不正ツールが見つかる

Twitterを通じてボットネットへ接続できるマルウェアを簡単に作成できる不正ツール「TwitterNET Builder」が見つかった。

Kaspersky Labが発見したもので、同社エキスパートのDavid Jacoby氏によれば、同ツールはわずか2回のシンプルなマウス操作によりマルウェアを作成することが可能だという。作成されたマルウェアは、ボットネットへTwitterによって接続され、不正操作が行われる。

すでに2種類のバージョンが出回っており、初期バージョンではコマンドが固定式だったが、最新版ではボットネットのコントロールに利用しているアカウントを特定するのが難しいよう、独自にコマンドを作成できるなど進化していた。

現段階で作成される不正プログラムは、配布するしくみを持っておらず、手動で起動しなくてはならないものの、ドライブバイダウンロードやワームなど組み合わせて起動するといった攻撃が懸念されている。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
CSA、IoTの「攻撃シナリオ」と「対策」まとめた資料を公開
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に