Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むPCやUSBメモリが車上荒らし被害 - 舞鶴高専

舞鶴工業高等専門学校の教員が車上荒らしに遭い、学生の個人情報を盗まれたことがわかった。

被害に遭ったのはノートパソコンやUSBメモリで、同教員が担当する理科を受講していた学生の氏名、クラス、番号、試験成績点数などが保存されていた可能性があるという。

5月7日19時ごろ、市内のスーパー駐車場で車上荒らしに遭い、持ち去られたもので、情報が外部に流出した形跡は確認されていない。同校では、対象となる学生の保護者に対し、文書で事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院