Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デザントの「ルコック」ブランドサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

スポーツウェアの製造販売を手がけるデサントは、同社が運営する一部サイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることを明らかにした。

同社が取り扱うブランド「ルコックスポルティフ」のサイトが、「Gumblar亜種」が原因により改ざんされたもの。改ざんされたページには、外部サイトへ誘導する不正なスクリプトが埋め込まれており、閲覧すると不正サイトへ誘導され、ウイルスへ感染するおそれがあった。

改ざん期間はわかっておらず、同社では調査を行っている。また心当たりがあるユーザーに対して、セキュリティ対策ソフトにより、ウイルス感染の有無を確認したり、駆除を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬