Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Googleグループ」を悪用してマルウェアを配布させる攻撃が発生

トロイの木馬「Trojan.Fakealert」の配布に「Googleグループ」が悪用されるケースがDoctor Webにより報告されている。

サイバー犯罪者が登録した「Googleグループ」を利用してマルウェアを配布しているもので、メールアカウント情報の変更通知や、メールアカウント情報の漏洩対策などを装ったソーシャルエンジニアリングの手法によりユーザーを騙してダウンロードさせる手口だという。

ユーザーが問題の「Googleグループ」へアクセスすると、zipによる圧縮ファイルのダウンロード用のURLが記載されており、内部のファイルを実行するとトロイの木馬に感染する。

問題のURLへアクセスした場合、Googleがスパムメッセージのあるページを開こうとしているとの警告を行うものの、ユーザーが自己責任を承諾した上でアクセスすることは可能であるため、Doctor Webでは注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス