Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「docomo ID」「gooID」などでシングルサインオンを実現 - 決済の連携も

NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTレゾナントの3社は、各社の認証IDでシングルサインオンを実現する「NTTIDログインサービス」を提供開始した。

同サービスは、各社が提供する「OCNID」「docomo ID」「gooID」によりユーザーがログインした際、パートナーサイトであればログイン操作を不要とするシングルサインオンを実現したもの。

14日よりNTTレゾナントのgoo会員向けのサービスから対応を開始し、パートナー企業を含め対応サービスを拡大する予定。NTTグループのほか、大手保険会社やJTB、角川グループ、シャープなどがサービスの導入について検討を進めている。

さらに2010年第2四半期中に、クレジットカードだけでなく、プロバイダ料金や携帯電話料金による支払いなどグループが提供する複数の決済サービスを連携して利用できる「NTTネット決済」を提供開始する計画。

(Security NEXT - 2010/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
クラウド認証サービス「Gluegent Gate」が「Box」対応
HDE、クラウド向けセキュリティ強化サービスでサポート対象を拡充
クラウドとオンプレミスのログイン認証を一元管理する「RSA Via Access」
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供