Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2億4000万の悪質コード - 「シングルトン」が57%

シマンテックが、2009年のインターネットに関する脅威の状況を取りまとめた。レポートを見ると驚愕の数字が並んでいる。

まず、あらたに確認された悪質なコードの件数に目を疑う。同社が収集したコードは、2008年の約2倍にあたる2億4000万件。日本の人口を約1億2000万人とすれば、1人あたり2件の悪質コードが登場したことになる。

これだけ件数が多くなっている理由は、攻撃者がコードをきめ細かく変化させていることだ。同社によれば、これらコードの約57%が、1件しか確認されていない「シングルトン」だった。

従来のように同一のウイルスが大量にまん延するのではなく、ウイルスの亜種が大量に出回っている状況といえる。こうした背景には、誰でもマルウェアを作成できるツールの流通が後押ししており、定義ファイルによる検知逃れといった目的も予想される。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強