Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩の事前事後サービスを月額料金で提供 - MBSD

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、情報漏洩の予防や緊急時の対策を包括的に提供する会員向けサービス「VZero+ER」を7月1日より提供開始する。

同サービスは、情報漏洩に関する事前、および事後対策サービスを月額料金で提供するセキュリティソリューション。相談窓口の設置やコンサルティング、情報の提供、ログ保管といった平常時のサービスと、情報漏洩発生時の電話相談、初動対応、メディア対応のアドバイスなど、緊急時の支援サービスを組み合わせて提供する。

7月1日よりネットビジネスやECサイト向けに「ホワイトプラン」「シルバープラン」をそれぞれ15万7500円、21万円で提供する予定。以降も最上位プラントなる「プラチナ」をはじめ、「ゴールドプラン」や、エントリー向けの「ポータルプラン」など追加する計画。

100514ms.jpg
サービスが予定されているプラン。丸印の部分が標準サービスで、灰色部分はオプション。

(Security NEXT - 2010/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供