Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内のPCソフト違法コピー率は21%、損害額は1719億円でワースト8位 - BSA調査

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、2009年におけるコンピュータソフトウェアの違法コピー状況を取りまとめた。日本国内の違法コピー率は前年と変わらず21%で、損害額は1719億円にのぼることがわかった。

同調査は、世界111カ国を対象に実施されたもので、PC上で動作するすべてのソフトウェアの違法コピー状況や損害状況についてまとめた。

レポートによれば、日本の違法コピー率は2008年と変わらず21%で、米国に続き世界2位の低い割合となっている。しかし損害額は約1719億円にのぼり、世界ワースト8位だった。

またレポートでは、損害額はソフトウェア産業に対する直接的な損害に過ぎず、周辺産業への影響など日本経済へ与える影響は大きいと指摘。国内でソフトウェア資産管理への気運は高まりつつある一方、企業や自治体の違法コピーに関する通報が年間500件を超えるなど、今後も改善に向けた取り組みが必要だとしている。

(Security NEXT - 2010/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
MS装い「Office利用できなくなる」と不安煽るフィッシングに注意
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
BSA、違法コピー対策で期間限定の報奨金プログラム
BSA、違法コピー通報の報奨金を最高300万円に引き上げ
「マジコン」を中国から発送して販売した男性を逮捕 - 1年間で6300人に販売
ソフト違法コピーの情報提供者に最大100万円 - 期間限定「報奨金プログラム」
報奨金プログラムで違法コピー通報が増加 - 「販売、流通」が最多
BSA、組織の違法コピー告発で報奨金 - 期間限定で最高100万円