Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイアウォール管理の機能を強化した法人向けウイルス対策ソフト - G Data

G Data Softwareは、法人向けセキュリティ対策製品の最新版「G Data AntiVirus Business ver.10.5」と「G Data ClientSecurity Business ver.10.5」を5月末より発売する。

同製品は、2009年より国内向けに提供を開始した法人向けセキュリティ製品の最新版。ウイルス対策に特化した「G Data AntiVirus Business」とファイアウォール機能を付加した「G Data ClientSecurity Business」の2種類を用意している。

「G Data ClientSecurity Business」では、今回のバージョンアップにより、リモートによりファイアウォールの管理に対応。さらにノートPCなどを外部ネットワークで利用時のファイアウォール設定を制御する「オフサイトコンフィグレーション」が利用できる。またマイクロソフトの最新OS「Windows 7」へ正式に対応した。

4から9ライセンス導入時における1ライセンスあたりの価格は、「G Data AntiVirus Business」が5500円、「G Data ClientSecurity Business」が5900円。

(Security NEXT - 2010/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン