Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイアウォール管理の機能を強化した法人向けウイルス対策ソフト - G Data

G Data Softwareは、法人向けセキュリティ対策製品の最新版「G Data AntiVirus Business ver.10.5」と「G Data ClientSecurity Business ver.10.5」を5月末より発売する。

同製品は、2009年より国内向けに提供を開始した法人向けセキュリティ製品の最新版。ウイルス対策に特化した「G Data AntiVirus Business」とファイアウォール機能を付加した「G Data ClientSecurity Business」の2種類を用意している。

「G Data ClientSecurity Business」では、今回のバージョンアップにより、リモートによりファイアウォールの管理に対応。さらにノートPCなどを外部ネットワークで利用時のファイアウォール設定を制御する「オフサイトコンフィグレーション」が利用できる。またマイクロソフトの最新OS「Windows 7」へ正式に対応した。

4から9ライセンス導入時における1ライセンスあたりの価格は、「G Data AntiVirus Business」が5500円、「G Data ClientSecurity Business」が5900円。

(Security NEXT - 2010/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース