Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外サーバへ音楽ファイルをアップロードした男性に有罪判決

MP3ファイルを海外のサイトへアップロードし、リンクを張ることで公衆送信していた男性が著作権法違反の罪に問われた裁判で、札幌地裁は、男性に懲役1年、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。

男性はリンク集の無料レンタルサービスを利用して「曲貼り精鋭達のたまり場」というサイトを作成。海外ストレージサイトにアップロードした楽曲を配布していたもので、日本音楽著作権協会(JASRAC)が告訴。3月1日に著作権法違反の疑いで逮捕、告訴されていた。

日本音楽著作権協会(JASRAC)によると、海外ストレージサイトへアップロードし、リンクによりダウンロードさせた事例では、はじめての有罪判決だという。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラックマニュアル販売時の商標法違反、有罪が確定
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
B-CASカードを不正利用で賠償金174万円の支払い命じる - 被告出廷せず
ファイル共有ソフト「Winny」開発者、上告審で無罪が確定
カーナビ海賊版を販売した国家公務員が逮捕 - 4月に罰金刑受けるも再び販売
違法音楽配信サイトの運営者らに1億7000万円の損害賠償請求 - JASRAC
「破壊型」ウイルス製造による器物破損で逮捕 - 他ウイルス関連事件で執行猶予中に
レンタル掲示板で音楽ファイル配信した運営者2人に有罪判決
「Winny」開発者が控訴審で逆転無罪 - ソフト公開は著作権法違反幇助にあたらず