Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の更新プログラムは「緊急」2件 - メールクライアントの脆弱性などへ対応

マイクロソフトは、5月の定例セキュリティ更新プログラム2件を公開した。いずれの脆弱性も悪用は確認されていないが、最大深刻度は「緊急」に設定されており、同社では早急な適用を呼びかけている。

「MS10-030」は、「Windows」向けに提供されているメールプログラムの脆弱性を解消するプログラム。ユーザーの環境によって「Outlook Express 5.5」「Outlook Express 6」「Windowsメール」「Windows Live メール」など異なるが、それぞれにアップデートが提供される。

問題の脆弱性は、メールクライアントからの問い合わせに対してメールサーバで不正な応答をすることでヒープオーバーフローが発生し、リモートでコードが実行されるおそれがあるもので、深刻度としては「緊急」となっている。

一方「MS10-031」は、Officeで用いられる「Visual Basic for Applications (VBA) 」の脆弱性を解消するプログラム。「VBE6.DLL」におけるスタックメモリが破損し、コードが実行される可能性がある。

同社では、Summit Software Companyに対してライセンスしており、同社より開発者向けに提供されている製品を利用している場合も影響を受ける可能性がある。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ