Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の更新プログラムは「緊急」2件 - メールクライアントの脆弱性などへ対応

マイクロソフトは、5月の定例セキュリティ更新プログラム2件を公開した。いずれの脆弱性も悪用は確認されていないが、最大深刻度は「緊急」に設定されており、同社では早急な適用を呼びかけている。

「MS10-030」は、「Windows」向けに提供されているメールプログラムの脆弱性を解消するプログラム。ユーザーの環境によって「Outlook Express 5.5」「Outlook Express 6」「Windowsメール」「Windows Live メール」など異なるが、それぞれにアップデートが提供される。

問題の脆弱性は、メールクライアントからの問い合わせに対してメールサーバで不正な応答をすることでヒープオーバーフローが発生し、リモートでコードが実行されるおそれがあるもので、深刻度としては「緊急」となっている。

一方「MS10-031」は、Officeで用いられる「Visual Basic for Applications (VBA) 」の脆弱性を解消するプログラム。「VBE6.DLL」におけるスタックメモリが破損し、コードが実行される可能性がある。

同社では、Summit Software Companyに対してライセンスしており、同社より開発者向けに提供されている製品を利用している場合も影響を受ける可能性がある。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大