Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDFの脆弱性を攻撃するGumblar関連ウイルスがトップ「JS:Pdfka-OE」 - G Dataまとめ

G Data Softwareによれば、4月はPDFの脆弱性を悪用した攻撃が全体の約1割に達したほか、ウェブメールのサービスを狙ったウイルス上位だった。

同社の研究機関が4月のマルウェアに関する状況をまとめたところ、誘導先の不正サイトでPDFの脆弱性を攻撃するGumblar型ウイルス「JS:Pdfka-OE」が11.4%でトップだった。また6位にもGumblar関連ウイルス「HTML:Iframe-inf」が入ったという。

2位は「Yahooメール」や「Hotmail」を攻撃しし、ボット化する「Win32:Rodecap」だったが割合は1.7%と低く、トップの「JS:Pdfka-OE」が突出する結果だったという。3位にはオートラン機能を悪用するワーム「Worm.Autorun.VHG」が入っている。同社がまとめたランキングは以下のとおり。

1位:JS:Pdfka-OE
2位:Win32:Rodecap
3位:Worm.Autorun.VHG
4位:WMA:Wimad
5位:Saturday 14th-669
6位:HTML:Iframe-inf
7位:Trojan.PWS.Kates.Z
8位:Trojan.Boaxxe.X
9位:Win32.Sality.OG
10位:Win32:Crypt-GBX

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談