Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントリーからハイエンドまでWAFのラインナップを強化 - ペンタセキュリティ

ペンタセキュリティシステムズは、ウェブアプリケーションファイアウォール「WAPPLES」シリーズの新製品を提供開始した。

同製品は、日本語のインターフェースも用意されているアプライアンス型のWAF製品。ウェブアプリに対する「SQLインジェクション攻撃」や「クロスサイトスクリプティング攻撃」のほか、クレジットカード情報の不正使用、バッファオーバーフローなといった攻撃から防御する。

顧客ニーズへ対応するため、従来の「WAPPLES-100」「WAPPLES-1000」にくわえ、今回ラインナップへ最大スループット100Mbpsで小規模事業者向けのエントリーモデル「WAPPLES-50」など、あらたに3製品を追加した。

新製品の「WAPPLES-2000」では、「VLAN」のサポートや「TCPセッション」の制御に対応しており、最大4Gbpsのスループットを実現。また最大6Gbpsのスループット処理に対応したハイエンドモデル「WAPPLES-5000」も追加され、エントリーモデルの「WAPPLES-50」以外は、PCI DSS適合証明証を取得している。

価格は、「WAPPLES-50」が210万円、「WAPPLES-2000」が967万5750円、「WAPPLES-5000」が2194万5000円。

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション